アメリカンエキスプレス プラチナカードにはどんな特典があるのか

アメリカンエクスプレス プラチナカード

アメリカンエクスプレスからプラチナカードの案内が届きました。プラチナカードにするとどんなメリットがあるのか?年会費はいくらなのか?いったいどんな方がプラチナカードを使っているんでしょうね。

富裕層の間ではかなりの人気のカードということで、少し興味があったのでパンフレットを見てみました。今回はさらっと概要をご紹介します。

結論からいうと、アメックスのプラチナカードは多彩で充実したサービスを存分に使いこなせるかがポイントです!

 

スポンサーリンク

アメリカンエクスプレス プラチナカードの年会費

アメリカンエクスプレス プラチナカード

アメリカンエキスプレスから届いたプラチナカードの紹介パンフレットを見てみると、みずほ銀行との提携のプラチナカードのようでした。

まず1番気になる年会費ですが、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードの年会費は130,000円+消費税、家族カードは4枚まで無料となっていました。年間130,000円と言えば、1ヵ月で10,000円強。それ以上の価値が十分に生かせるならばプラチナカードを持つ意味がありますね。

そして今後はアメックス プラチナカードはメタル製に変わるとのことです。メタル製って一体どんな使い心地なのでしょうか?

通常のプラスチック製のカードも無料で発行してくれるので、メタル製とプラスチック製を用途に応じて使い分けることもできるのですが、どんなふうに使い分けて良いのかイメージがなかなかわきません。

 
 

スポンサーリンク

アメックス プラチナカードの補償はやはり充実している

アメックス プラチナカード

アメックスのプラチナカードの補償はとても手厚いです。

海外航空便遅延費用補償:海外旅行の際、航空便の遅延で臨時に出品した宿泊料金や食事代等を補償してくれます。

旅行傷害保険:旅行傷害保険として、国内旅行と海外旅行にかかわらず、最高一億円まで補償します。

キャンセルプロテクション:突然の病気や入院等で予約した旅行やチケット購入済みのコンサートにいけなくなった場合のキャンセル費用も補償します。

ホームウェアプロテクション:いつも使っている(既に持っている)電化製品やパソコン、カメラが破損した場合、プラチナ・カードでのご購入の有無にかかわらず、使用期間に応じて購入金額の50%から100%補償します。(これ最強かも!

この他にもいろいろあります。

 
 

スポンサーリンク

アメックスのプラチナカード 国内・海外旅行で大活躍?!

アメックス プラチナカード

アメックスのプラチナカードは海外旅行でも大活躍間違いなし。頻繁に海外出張や旅行をする人にはメリットがあります。

通常はどれだけ宿泊したかによって会員になれる高級ホテルのメンバーシップに無条件で登録ができる特典があります。ホテルの会員になれば、部屋のアップグレードや、レイトチェックアウトを利用できるので、くつろげるようになりますよね。

具体的にはスターウッドホテル&リゾートの「スターウッド・プリファードゲスト」ゴールドエリート、Radisson Hotel Groupの「Radisson Rewards」ゴールド会員、ヒルトンホテルズの「ヒルトン・オナーズ」のゴールド会員、シャングリラ・ラ・ホテルズ&リゾーツ「ゴールデンサークル」ジェイド会員になれます。

その他にも、世界1000カ所のホテルやリゾートで、カード会員限定の特典も受けられます。主にレイトチェックインや部屋のアップグレード、レイトチェックアウト等のようです。

 

空港ラウンジでリラックス

アメックス プラチナカード

海外旅行につきものなのが空港での待ち時間です。アメリカン・エキスプレスのプラチナカードを持っていれば、センチュリオンラウンジを始め、デルタスカイクラブ、プライオリティーパスラウンジなど、1200カ所以上のラウンジが利用できます。おいしいお食事やドリンク、リラックススペース、キッズスペースなどがあったりするのでより快適な旅ができそうです。

個人的にはこの空港での過ごし方が1番メリットがありそうな気がしています。

その他には海外旅行の際、自宅と空港間のスーツケースを無料で配送してくれたり、指定の場所と空港の間を車で送迎したり。

 
 

スポンサーリンク

アメックスのプラチナカードで人気レストランを優先的に予約

アメックス プラチナカード

国内約200の人気レストランで2人以上で予約をすると、1人分のコース料金が無料になる驚きの特典があるみたいです。これはお得です!ハワイやシンガポールなど1部の海外レストランでも利用ができます。パソコンやスマホから24時間気軽に予約できるのがいいですね。

一見さんお断りの高級料亭やお茶屋さんの予約を始め、通常は非公開の文化財等の特別廃刊などを可能な限り手配をしてくれたりします。また会員制の一流ゴルフクラブをメンバーの紹介や同伴なしでビジター料金でプレーができます。

 

アメックス プラチナカード

少し驚いたのは、なかなか予約が取れない人気のレストランを、アメリカン・エキスプレスが年間を通して50店舗を貸し切って特別メニューが楽しめるディナーを用意してくれるところ。諦めていた人気店を訪れることができます。店舗の一例としては、鮨さいとう、SUGALABOなどがあります。

 
 

スポンサーリンク

アメックスのプラチナカードでわがまま言いたい放題?

アメックス プラチナカード

こんなわがままになっていいのだろうか?と思うのが、カード会員のために24時間365日、旅行や食事、エンターテイメントなど、様々なリクエストや相談に電話1本で応じてくれるサービス。日本人はこういうサービスに要望するのが苦手だと思うので使いこなすのは少し難しいかなと思ったり。

世界中のどの国に行っても、トールフリーやコレクトコールでいつでも日本語で相談できるホットラインが用意されています。例えば体調崩して病院を探したり、何かのトラブルに巻き込まれた時などは心強いかもしれません。

 
 

スポンサーリンク

ここまで至れり尽くせりなら元がとれそうなアメックスプラチナカード

アメックス プラチナカード

アメックスプラチナカードは、上記で紹介した他にもたくさんサービスがあって、ここでは紹介しきれない… 月に1万円くらいでこれほどのサービスを受けられるのならもしかして元が取れるんじゃないか?と思ってしまいます。

自分のライフスタイルと照らし合わせてよく考えてみましょう。サービスを利用する機会が多いなら、年会費2-3万円のゴールドカードより、アメックスプラチナカードはよっぽど価値があるのではないでしょうか。