CBDについて CBDオイル

頚椎・腰椎ヘルニアの疼痛にCBDは効果があるの?

  1. HOME >
  2. CBDについて >

頚椎・腰椎ヘルニアの疼痛にCBDは効果があるの?

腰痛 CBD

こんにちは。Ryokoです。

私は長年の長時間のデスクワークが原因(おそらく)で、頚椎のヘルニア腰椎のヘルニアを発症しました。7年前のことです。

ほぼ同時に発症したので、寝たきりになり1ヶ月ものあいだ毎日ベッドの上で涙目で過ごしていました。

腰はともかく首(頚椎)の手術は危険を伴うので、温存療法でなんとか乗り切り現在に至ります。

いまは当時のような激痛はないものの、首と腰、肩や背中に痛みやだるさもあるし、首からくる頭痛もあります。そのせいでぐっすり深く眠れないので本当に辛いんですよね。

 

私はヘルニアからくる疼痛や不眠の悩みを解決したくてCBDを使い始めました

 
 


 
 

ヘルニアの痛みにCBDを使う

椎間板ヘルニア CBD

ヘルニアは骨の間にある椎間板が潰れて押し出された結果、脊椎にある神経を圧迫して強い痛みを引き起こします。

脊椎の神経からくる痛みって、座薬や痛み止めなんて単なる慰めというか...まったく効きません! リリカという痛み止めも飲み続けましたが効果があったのかどうか?ペインクリニックで神経ブロック注射でもしない限り痛みが和らぐものではないんです。

 

そこでヘルニアの痛みに効果を期待したいのがCBDオイルです!

CBDには「頭痛、腰痛、関節痛などの慢性の痛みの緩和」に効果があるとされています。

 

で、CBDをどうやって使えばヘルニアの疼痛に効果があるのか私なりに考えてみたのですが、

CBDをできるだけ直に中枢神経系に作用させるには、CBDオイルを舌の下に垂らして粘膜の血管からCBDを吸収させる方法が一番効果が出るような気がします。

CBDオイルの効果が現れるまでには30分〜2時間くらい、持続時間は4〜8時間程度なので、朝、昼、寝る前にCBDオイルを摂取すると良いのかもしれません。

 

ちなみに皮膚に直接塗って使うCBDクリームもありますが、背骨まわりの上から下までまで広範囲に塗って皮膚からCBD成分を吸収させるとなると、果たして効率的なのか?疑問が残ります。

(CBDクリームはぎっくり腰など局所的な筋肉や腱の痛みには効果が期待できそうです)

 
 

ヘルニアの痛みは心と脳が関係しているかも

CBD ヘルニア 痛み止め

椎間板ヘルニアを患った人ならご存知かもしれませんが、サーノ博士のヒーリングバックペインという有名な本があります。

 

腰痛・肩こりの原因と治療について書かれた本なのですが、衝撃的なのがヘルニアの痛みは、自分の「心」「脳」が痛みを引き起こしているという理論。

自律神経や脳の緊張をほぐしてストレスを排除すれば痛みが消える。

 

激痛に苦しんでいた当時、すがるような気持ちでこの本を読みました。でもこの理論はあまり心に刺ささらず腹に落ちませんでした。当時は急性の激痛でしたから。

でも慢性の疼痛に悩んでいる今ならなんとなく理解できるんですよね。(詳しくは本を読んでください。)

 
 

CBDはヘルニアの痛みに多角的にアプローチしてくれる!

CBD ヘルニア 効果

どうして「ヒーリングバックペイン」という本の話をするかというと、まさに「自律神経や脳の緊張をほぐしてストレスを排除すれば痛みが消える」という部分で、

CBDは大きな役割を果たしてくれるんじゃないかとピン!と来たからです。

CBDにはリラックス効果、不安やストレスをやわらげる効果があります。CBDが疼痛の鎮痛効果に優れているのはこのような背景があるからなのかもしれません。

 

CBDオイルの効果を信じてしばらく続けてみます

 

CBDは副作用が少ないこともあって、痛み止めや数々のお薬に代わって使われるようになると良いですね。

 

CBDオイルはまだ飲み始めたばかりなので、実際の効果については後日追記していきたいと思います。

 
 

-CBDについて, CBDオイル
-

© 2020 CBD and Me 〜 穏やかな暮らし Powered by AFFINGER5